できてしまった跡も施術次第で消滅|ニキビ跡解決法

レーザーで美肌が蘇る

ドクター

なかなか治らないニキビ跡に効果があるのは、美容専門の病院における施術です。ニキビ跡には、つぶれたニキビの色素が肌に沈着したタイプや、月の表面にあるクレーターのように肌表面に凹凸が生じるタイプなど、いろいろな種類があります。こうしたニキビ跡は、特別な施術をしないと、なかなか治らないのが現状です。一般的な皮膚科では、保険適用される施術しかできないため、美容目的の施術をしてくれません。そのため、ニキビ跡をきれいに消して、美しくなりたいのであれば、美容皮膚科に依頼するのが近道なのです。美容皮膚科は、美容整形外科と共に人気が高まっています。これは、肌悩みに応じて、さまざまな治療方法を用意しているからです。ニキビ跡対策についても、跡の種類に応じて、最新機器や薬を多数取り揃えています。患者は、自分の希望や施術にかけられる費用に合わせて、複数ある方法から選択できます。こうした選択肢の多さが、美容皮膚科の人気につながっています。ニキビ跡を治療する方法として、最も人気が高いのは、レーザー治療です。消えにくい色素沈着も、特定の色素に反応するレーザーをあてることできれいにすることができます。治らないクレーター状の凹凸も、コラーゲンなどを再生するレーザーをあてることで、目立たなくなっていきます。レーザーは、一回の出力が大きいため、一回の施術で得られる効果が非常に大きく、人気が集まっているます。肌を切り開くなど、大規模な手術ではなく、光をあてるだけの手軽さも人気の秘訣です。レーザー治療は、痛みもほとんどなく、安心して施術を受けられます。

レーザー治療を受けると、新たなニキビ予防にもつながります。ニキビ跡を消しながら、新たなニキビを予防し、つるつるの素肌を目指すことができるのです。レーザーの熱は、肌の炎症を抑えたり、肌を消毒したりする効果も持っています。そのため、継続的にあてることで跡を消すだけでない効果が期待できるわけです。美容皮膚科では、治らないニキビ跡と戦うだけでなく、新たなニキビ跡を作らないためのアドバイスもしてくれます。ニキビは、脂性肌や乾燥肌など、肌質によってできやすくなることがあります。そこで、美容皮膚科では肌質を改善する光治療も併用するよう、提案してくれることがあります。費用の関係で、治療の併用が難しくても、日々の生活の中で肌質を変えられる知識を教えてくれます。油っぽい食生活を見直すだけで、ずいぶん肌質が変わりますし、睡眠の質によっても肌は変化します。さらに、ニキビに効果のあるビタミンを摂取するようすすめてくれたり、ニキビ肌に負担がかからない洗顔方法なども教えてくれます。このようなアドバイスは医師から教えてもらうこともありますが、自分から積極的にニキビにならない方法を試してみることも大切です。こうした毎日の行動の積み重ねが、ニキビのない肌へつながっていくのです。人目を気にして外出を避けていたような人でも、肌への自信を取り戻せば、積極的に外に出る気分になります。こういった前向きな姿勢は、仕事やプライベートの充実につながり、間違いなく人生をより充実したものにするのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加