できてしまった跡も施術次第で消滅|ニキビ跡解決法

美容皮膚科でニキビ対策

頬を触る女性

思春期になると、ホルモンバランスが乱れ、皮脂分泌量が増えます。そのため、皮膚内でアクネ菌が繁殖しやすくなり、ニキビができやすくなります。ニキビを防止するには、常に肌を清潔に保つことが必要です。具体的には、一日二回の洗顔を丁寧に行い、皮脂分泌量を調整する化粧水などでケアすることが求められます。こうした自己ケアを継続しても、ニキビを完全になくすことは難しいです。そこで、美容皮膚科の力を借りると良いのです。美容皮膚科は、美容整形外科と同様に、美容を目的とするクリニックです。主に保険適用外の治療を行っており、美容の観点から施術をしてくれます。美容皮膚科でのニキビ治療には、まずレーザー治療があります。レーザー治療は、レーザーという特殊な光を患部に照射することで、患部を殺菌消毒し、皮脂の分泌を抑える効果があります。レーザー治療の特徴は、できてしまったニキビを治す効果のほかに、ニキビを防ぎ、ニキビ跡を薄くするなど、複合的な効果がある点にあります。そのほか、美容皮膚科では、ニキビ跡専用の光治療や、薬の処方なども行っています。ニキビ跡には、大きく分けて色素沈着とクレーター状の凹凸の二種類があります。色素沈着を薄くするために、美白剤を使ったり、凹凸を治すために、コラーゲンの再生を促す特殊な光を用いたりします。患者は、自らの症状に合わせ、さまざまな治療から自分に合ったものを選択することができます。美容皮膚科の特徴は、選択肢の多さにあります。また、美容皮膚科には、常に最新治療を取り入れています。

美容業界は、日々技術革新が起きています。世界各国が競い合い、技術の進歩に努めているからです。ニキビやニキビ跡の治療についても、さまざまな最新治療方法が開発されています。従来のレーザー治療は、強力な熱量を肌に照射していたため、熱さや痛みを感じることが多かったです。しかし、最新の治療では、肌へのダメージを抑えたうえで一定の効果を得られるよう改良されたレーザー機器が用いられています。そのため、最新機器を使えば、熱さや痛みを感じることなく施術することが可能になっています。やけどなどの副作用についても改善され、現在では副作用の心配はほぼなくなっているのです。薬剤についても同様で、ニキビ跡に効果のある薬がたくさん出てきています。今までは、シミに効果のある薬を色素沈着したニキビ跡にも使っていましたが、ニキビ跡専用の薬が開発されるようになり、効果を発揮しています。クリニックによっては、こうした最新の治療をいち早く取り入れているところもあります。最新治療は、より安全に大きな効果を得ることができるため、積極的に受けることをおすすめします。こうした最新治療に加え、クリニックからのアドバイスを受け入れ、日々の生活を見直すことも大切です。食生活を工夫して、肌に良いビタミンをたっぷり含んだ食事にかえるだけで、ニキビやニキビ跡を改善することにつながります。ニキビはストレスが原因でできることもあるので、ストレスをためない工夫も必要です。治療とあわせて生活を変えることで、美しい素肌を手に入れることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加